平成30年度 職場内チームによる業務改善等の実践に対する理事長表彰

medaru1-1最優秀賞チーム

熊本総合病院 モニターアラームコントロールチーム
モニターアラーム関連事故を防ぐ新しい JCHO-K-MACT 基準(PDF)

熊本モニターアラームコントロールチーム集合写真熊本モニターアラームコントロールチーム受賞写真

 

 

 

 
この度は、栄誉ある最優秀賞を頂き、誠にありがとうございます。これも、当院のモットーである『医療と共に公に一肌脱ぐ』という言葉を胸に刻んで、医師を始め、看護師、コメディカルが一丸となって取り組んだ結果であり、チーム医療の大切さを感じています。このモニターアラームコントロールの結果を病院全体、そして、JCHO全体に広げることが出来るよう努力してまいります。この度は誠にありがとうございました。

<チームメンバー>
上村孝史(循環器内科医長)、福嶋隆一郎(循環器内科医長)、片山哲治(循環器内科医長)、田山信至(循環器内科診療部長)、大森隆浩(臨床工学技士)、谷口総志(副臨床工学技士長)、井川美江(副看護師長)、前橋正美(看護師)、海﨑裕美子(看護師)、成松義雄(理学療法士)、柳浦康子(総務係)

medaru1-1優秀賞チーム

北海道病院 チームNST!!
業務経営改善と地域に目を向けた活動を目指して(PDF)

チームNST!!受賞写真 チームNST!!集合写真

 

 

 

 
この度は、優秀賞を頂き感謝申し上げます。私達は、院内だけでなく地域医療推進の為、院外にも目を向け5年計画で活動中です。その目標は経腸栄養での収支改善、入院中の誤嚥性肺炎予防と院外への啓蒙、NST実地修練計画見直し等多岐に渡ります。特に札幌市内で高齢化率が高い当院周辺地域は、褥瘡・誤嚥等の予防が重要と考え、地域対象の研修会を今後開催予定です。これからも多職種連携の力を最大限に発揮し活動して参ります。

<チームメンバー>
瀧川博子(主任栄養士)、正村裕紀(外科部長)、太田亮(耳鼻科医長)、梅田美智子(看護師長)、森本雅子(薬剤師)、城宝深雪(言語聴覚士)、齋藤幸(ソーシャルワーカー)

medaru1-1優秀賞チーム

大阪病院 災害に挑む大阪病院どんとこいチーム
他職種と協働し BCP マニュアルを作成した副看護師長会の取り組み(PDF)

大阪病院どんとこいチーム受賞写真大阪病院どんとこいチーム集合写真

 

 

 

 
今回、私達は患者や職員の安全を考え、今後起こりうる災害に対応できるマニュアル作成を目指して活動を行いました。当初は、副看護師長のみで始まった取り組みでしたが、多職種と協働することで院内災害マニュアルを完成させることができました。多くのご協力、ご支援が今回の賞に繋がったと考えております。今後も職員一丸となって様々なことに積極的に取り組んでいきたいと思います。この度は本当にありがとうございました。

<チームメンバー>
上村千恵(副看護師長)、副看護師長39名、佃達也(総務企画課係長)、古田由美子(副看護部長)、喜多由賀里(副看護部長)

medaru1-1優秀賞チーム

神戸中央病院 チームスポンジブラシ
入院中から在宅まで脳卒中患者さんへの途切れない口腔ケアを目指して-神戸市北区モデル- (PDF)

チームスポンジブラシチーム受賞写真チームスポンジブラシチーム集合写真

 

 

 

 
我々は入院中の脳卒中患者さんを対象に積極的に口腔ケアを行い、退院後も途切れないよう訪問歯科などその後のニーズに合った地域の歯科医院を紹介するという活動を行っています。この活動は当院の医科歯科連携と神戸市北区歯科医師会の協力で歯科業界では先駆的な病診連携モデルになったと考えます。この度の受賞をはずみにチーム一丸となってより多くの患者さんに質の高い口腔ケアを受けていただけるよう励んでいきたいです。

<チームメンバー>
松本耕祐(歯科医師)栄枝芙美(歯科衛生士)松田洋美(歯科衛生士)勝岡舞(歯科衛生士)髙田裕美子(歯科助手)足立純子(歯科受付)棚倉万紀子(歯科医師)中西洋介(歯科医師)桑山一行(医師)古野優一(医師)辻麻人(医師)中田章弘(医師)中正貴之(医師)増田萌美(看護師)横野拓海(看護師)岡山史子(医療社会事業専門員)倉田佳和(地域連携係長)皆本美喜(看護師長)中戸真美(看護師長)小別所博(医師)松本圭吾(副院長) 

medaru1-1優秀賞チーム

三島総合病院 地域包括ケアワーキンググループ
地域包括ケア病棟運用システムの構築(PDF)

地域包括ケアワーキンググループ受賞写真地域包括ケアワーキンググループ集合写真

 

 

 

 
この度は、地域包括病棟運営システムの構築への取り組みについて評価していただき、栄誉ある賞を頂けた事に深く感謝申し上げます。メディカルスタッフとの連携により、個々の専門性を発揮・意見行動をし、連携室の「待たせない地域連携の対応」が地域との信頼関係にもつながった結果と考えます。今後も地域から選ばれる病院運営を目指して病院運営に寄与していきたいと思います。

<チームメンバー>
松山嘉彦(地域連携室長)、永原 誠(外科診療部長)、平塚世津子(総看護師長)、
大沼以恵(副総看護師長)、小川麻由美(看護師長)、堀口瑞穂(看護師長)、
増田直子(地域包括ケア病棟師長)、竹内愛子(看護師)、
梅原ゆかり(主任医療社会事業専門員)、尾熊洋子(リハビリテーション士長)、
石月亜由美(副理学療法士長)、秋山雅代(入院係主任)

PageTop