平成29年度 職場内チームによる業務改善等の実践に対する理事長表彰

medaru1-1最優秀賞チーム

玉造病院 手術室看護研究チーム
腹臥位脊椎手術における顔面の接触圧測定を指標とした頭部支持枕の高さの検討
~医療従事者を対象とした接触圧測定とアンケート調査より見えてきたこと~(PDF)
玉造病院手術室看護研究チーム集合写真玉造病院手術室看護研究チーム受賞写真

 

 

 

 
平成29年度職場チームによる業務改善への取り組みにおいて、最優秀賞という評価をしていただき、非常に驚くと同時に大変うれしく光栄に思っています。手術看護の基本である体位に着目し、腹臥位脊椎手術での頭部指示枕の高さをチームの協力を得て研究し、その成果が安全なケアの提供につながっています。既に、次の検証という取り組みも始まっており、今回の受賞を受けてその意欲は益々高まっています。本当にありがとうございました。

<チームメンバー>
難波弘子(看護師)、白根美倫(看護師)、南喜代美(看護師長)

medaru1-1優秀賞チーム

宇和島病院 チームJACO(じゃこ)
老健の経営健全化プロジェクト(PDF)
チームじゃこ集合写真チームじゃこ受賞写真

 

 

 

 

この度は優秀賞をいただき感謝申し上げます。チーム名の「JACO(じゃこ)」は宇和島の代表的な郷土料理「じゃこ天」から名付けました。宇和島老健は入所率は悪くないものの厳しい経営状態が続いていましたが、問題点を明確にし、多職種が協力して業務改善に取り組むことにより上半期で黒字転換を果たすことができました。今後も継続してこの取り組みを行い、安定した経営によりさらに地域に貢献していきたいと思います。

<チームメンバー>
下田 哲也(管理課長補佐、事務長補佐(医事)) 、橋本 清香(医師)、松岡 玲子(看護師長)、伊藤 恵理(副作業療法士長)、濵田 千鶴(管理栄養士)、宇治原 美香(主任医療社会事業専門員) 、他

medaru1-1優秀賞チーム

東京新宿メディカルセンター 特定行為プロジェクトチーム
「施設内で完遂する特定行為研修プログラムの成功を目指して~未来の医療を支える看護師を育成しよう~」 (PDF)
東京新宿メディカルセンター特定行為プロジェクトチーム集合写真東京新宿メディカルセンター特定行為プロジェクトチーム受賞写真
 

 

 

 

 
300時間を優に超える特定行為研修を全て院内で行うなんて!とても遠くに見えたゴールに向かって始まった私達の取り組みは、看護部の熱意とそれに後押しされた医師・薬剤師総勢60名のバックアップによって完遂することができました。これこそ当院の特徴として日頃から大事に培ってきたチームワークの賜物であり、今回ご評価いただいたことは何よりの喜びです。次は輩出された人材をどう活用するか、新たな課題が始まります。

<チームメンバー>
堀江美正、森下慎二、萩原栄一郎、関根信夫、酒井礼子、堂園道子、野月千春、他15名

medaru1-1優秀賞チーム

四日市羽津医療センター 総務企画課チーム給与
エクセルを使用した勤務時間管理簿の活用による業務改善に係る職場チームの活動 (PDF)
四日市羽津医療センター総務企画課チーム給与集合写真四日市羽津医療センター総務企画課チーム給与受賞写真

 

 

 

 
業務改善の成果が認められ感謝いたします。エクセル関数の改良、作業手順の見直し、作業時間の管理に取り組み、少人数化と作業時間の短縮ができました。私たちの提案を施設全体で受け入れ、早期の導入に各職場が協力してくれたこともうれしく思います。今後は、タイムレコーダーとの連動や、勤務データを生かした健康づくりに取り組んでいきたいと思います。

<チームメンバー>
森田 幹治、池田 孝、堤 由紀恵、前田 眞人、増田 智恵、山本 和彦、金川 宏子、大川 奈緒子、諸岡 隆子、紫葉 優佳、渡部 康二、尾崎 加代子、前川 玲子、清水 理奈子、
市川 叶大、辻 美波

medaru1-1優秀賞チーム

大阪病院 看護ケア推進会議CN/CNS会
「訪問します!健康講座」 (PDF)
大阪病院看護ケア推進会議CN/CNS会集合写真大阪病院看護ケア推進会議CN/CNS会受賞写真

 

 

 

 
CN/CNSによる「訪問します!健康講座」の活動に優秀賞を頂き深く感謝いたします。
今後私たちは、以下の3つの取り組みを行ないます。まず、地域住民が気軽に相談でき、看護の悩みを解決できる関係性を更に拡大します。次に、地域の医療機関にも講座の対象を拡げ、地域全体の看護ケアの向上を目指します。最後に、今後も事務担当者の協力を得ながら、CN/CNS自ら地域に出向き、積極的・継続的に広報し、健康講座を拡大できるようにメンバー1人1人が努力していきます。

<チームメンバー>
CN/CNS:柴谷涼子・中村明美・酒井圭子・吉田多紀・中西由香・前田由香・伊坪恵・松山佳子・田野岡文子・澤井真理,助産師:高橋有美,総務企画課:岩田順心

medaru1-1優秀賞チーム

伊万里松浦病院くちプロジェクト
摂食嚥下委員会の効果的な取り組み~摂食機能療法の件数UPに向けて~ (PDF)伊万里松浦病院くちプロジェクトチーム集合写真伊万里松浦病院くちプロジェクトチーム表彰式の写真
 

 

 

 

 
この度は我々の活動を評価して頂き、誠にありがとうございました。
当院摂食嚥下委員会は「早期より口から食べる(通称くちプロジェクト)」を合言葉に医師、看護師、作業療法士、理学療法士、管理栄養士の多職種チームにて活動しております。
一人でも多くの患者さんを元気にできるよう、我々はこれからも日々努力してまいります。
今後はJCHOミッションに基づいた地域住民、医療介護従事者向けの出前講座等を推進してまいります。

<チームメンバー>
市丸大輔(主任作業療法士)、日浦卓郎(医師)、田邊勝久(副看護師長)、久保田真理(副看護師長)、大山香(看護師)、柿谷大貴(看護師)、岡本幸江(看護師)、中尾美智子(管理栄養士)、金子兄太(作業療法士)、牟田友里(理学療法士)

PageTop