JCHOにおける看護継続教育の考え方

【教育の理念】
  看護職者としての自律と成長をめざして学び続ける

【教育目的】
  1. 地域医療で重視される疾病や医療・介護・福祉を繋げる視点を育てる継続的な学習、病院内だけでなく地域においても活用できる看護実践方法の習得を支援することにより、地域住民の多様なニーズに応える安全・安心な看護を提供できる人材を育成する。
  2. 専門職・医療チームの一員としての責任・使命感を持ち、興味を持つ分野・領域において、主体的に学習や組織改革に参画できる人材を育成する。

【教育目標】
  1. 日常の看護(業務・実践)に役立つ学習活動に参加することができる。
  2. 問題解決能力・判断力を身につけ、個人や集団のニーズを理解して、患者とその家族・地域住民及びチームの問題解決のために具体的行動がとれる。
  3. チームの一員としての役割を認識して成果を出し、患者とその家族及び組織から信頼を得ることができる。

PageTop