実施する特定行為区分の変更が承認されました。

令和2年2月26日付けで「栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理)関連」の実施について厚生労働大臣より承認されました。
これにより、JCHOの実施する特定行為区分は11区分となりました。

実施する特定行為区分(11区分)
・呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連
・ろう孔管理関連
・栄養に係るカテーテル管理(中心静脈カテーテル管理)関連
・栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理)関連
・創傷管理関連
・創部ドレーン管理関連
・透析管理関連
・栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
・感染に係る薬剤投与関連
・血糖コントロールに係る薬剤投与関連
・皮膚損傷に係る薬剤投与関連


特定行為研修指定研修機関指定証

PageTop