『外来看護師 病棟看護師 できることからすぐ始める在宅療養支援 疾患別・生活状況別の実例』

監修 高橋 弘枝:独立行政法人地域医療機能推進機構本部企画経営部医療副部長(看護担当)


 急速な高齢化が進行する中、最後までできる限り住み慣れた地域で自分らしく暮らすことを支える『暮
らしを支える支援』が重要になっています。患者さんが自分らしく過ごせるように地域につなぎ、地域か
らつないでいただくには、病院で働く看護職がいかに『暮らしを支える支援』について理解を深めること
ができているかが鍵となり、その理解によって支援の幅や深さが変わってくるのではないでしょうか。
 JCHO大阪病院では、2012年から地域の訪問看護師やケアマネージャー等の方々と事例検討を主
としたケア連携の会を開催し、地域で『暮らしを支える』技や知恵、そして心構えを教えていただくとと
もに一緒に語り合ってきました。この場で得た学びは、実際の看護の数々の場面で生かすことにつながっ
ています。
 今回、ご紹介させていただく『外来看護師 病棟看護師できることからすぐ始める在宅療養支援 疾患
別・生活状況別の実例』は、私たちがケア連携の意会や今までの実践で得た学びや経験について具体例を
通し、『暮らしを支える』Know-How(ノウハウ)をご紹介しています。どれもすぐに活用していた
だける内容で、活用したくなる内容です。

患者サービス推進課 糖尿病看護認定看護師 吉田 多紀


20151009_kango_book1





   出 版 社:日総研
   商品番号:061749
   書 籍 名:できることからすぐ始める在宅療養支援
   書籍情報:B5版112頁
   定  価:2,778円+税

PageTop