「訪問看護ステーションの開設に関する説明会」の開催

20141024_01 JCHOグループでは、14か所の訪問看護ステーションが開設されていますが、病院からのみなし訪問看護を実施している施設も20か所あります。JCHOのミッションである地域包括ケアの推進では、訪問看護体制の強化に取り組むこととされ、自院の患者のみへ訪問看護を提供するのでなく、地域の診療所や介護事業所等を支援する機能として、地域に開かれた訪問看護活動を行うことが求められています。その一環として、JCHO本部では、10月24日午前、「訪問看護ステーションの開設に関する説明会」を開催しました。

参加者はJCHO31施設で、看護部門36名、事務部門12名、その他1名の49名でした。

冒頭に医療・地域包括ケア担当の亀井理事の挨拶があり、続いて公益財団法人日本訪問看護財団常務理事の佐藤美穂子氏より、訪問看護の現状や地域ニーズの把握(マーケティングリサーチ)、具体的な開設手順等についてお話いただき、開設準備をしている施設等から活発な質疑応答がありました。

PageTop