「平成27年度介護報酬改定説明会」の開催

 2月24日(火)JCHO本部において「平成27年度介護報酬改定説明会」を開催しました。出席者は、47施設の病院・介護老人保健施設・居宅介護支援センター・訪問看護ステーションから、医師・リハ職・看護職・事務職・福祉職等の計87名でした。

 説明会の冒頭では、医療・地域包括ケア担当亀井理事より本説明会で介護報酬改定について理解を深め、今後の施設運営の方向性を検討していくよう期待を込めた挨拶がありました。

20150227HP 次に、厚生労働省老健局老人保健課介護保険データ分析室の森岡久尚室長より「平成27年度介護報酬改訂」について説明いただきました。

 主な改定内容についてご説明いただいた後、「全体としては厳しい改定となったが、在宅・居宅系サービスに重度の方をケアしてもらいたいという考えで加算を作った」、「基本報酬が一律下がっても加算をとることでこれまでのサービスを維持してもらいたいと考えている」という説明がありました。

 その後の質疑応答では、リハビリテーションマネジメント加算や居宅介護事業所に対する特定事業所集中減算について質問や意見も出るなど、活発な議論が行われました。

PageTop