独立行政法人 年金・健康保険福祉施設整理機構
 ■ HOME
平成26年4月 独立行政法人地域医療機能推進機構「Japan Community Health care Organization:JCHO」誕生
注意喚起
新着情報

《独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)について》

 全国にある約60の社会保険病院等(社会保険病院、厚生年金病院、船員保険病院)は、現在、独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)が、(社)全国社会保険協会連合会、(財)厚生年金事業振興団、(財)船員保険会に運営を委託して医療を提供しています。

 法律が改正されたことにより、平成26年4月にこれらの病院は、RFOが改組されて発足する、独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO:ジェイコー)が直接運営する病院グループとなります。

 JCHOは、5事業(救急医療、災害医療、へき地医療、周産期医療、小児医療)、5疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患)、リハビリテーションその他地域において必要とされる医療及び介護を提供する機能の確保を図ることを目的としています。

第1回 地域医療機能推進機構の法人制度に関する検討会資料

厚生労働省へのリンク

地域医療機能推進機構の法人制度に関する検討会

理事長からのメッセージ 〜地域医療の再生を目指して〜

理事長
年金・健康保険福祉施設整理機構
理事長 尾 身  茂

 私は平成24年4月1日、厚生労働大臣から独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)の理事長を拝命し、独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO:ジェイコー)への改組準備に取り組んでいます。
 これまで社会保険病院、厚生年金病院、船員保険病院では、それぞれの病院の特色を踏まえ地域医療に貢献してきましたが、平成26年4月にはJCHOの病院グループとして新たな組織に生まれ変わります。
 未曾有の高齢社会では人々は複数の疾患を抱え、身体機能は低下し、認知症も増加するなど、地域住民のニーズは多様化するため、医療・介護・福祉等が切れ目なく連携することが求められていますが、“サービスの谷間”は依然埋まっておりません。
 社会保険病院等では、これまで医療に加え併設する老健施設等を活用するなど、それぞれの強みを生かした医療、介護等のサービスを提供してきました。
 JCHOでは、各病院が行ってきたこれまでの実績を十分生かし、人々が抱える多様なニーズに応えるため、全国規模のグループとして「急性期医療〜回復期リハビリ〜介護」を含むシームレスなサービスを提供し、地域医療・地域包括ケアの確保に取り組んでいきます。
 また、JCHOは急務となっている総合診療医の養成に積極的に関与し、総合診療医と専門医が協働する地域完結型医療の構築に取り組んでいきます。
 さらに、特色の異なる病院で構成される全国ネットワークを活用し、地域医療・地域包括ケア連携の「要」となる医療人育成にも力を入れていく考えであります。
 JCHOは、全国約60の病院や介護老人保健施設等を拠点として、関係機関と協力しながら、我が国の地域医療の再生に向けた様々な取り組みを推進し、安心して暮らせる地域づくりに貢献してまいります。

(理事長の主な経歴)

昭和42年American Field Service (AFS) 交換留学生としてアメリカ合衆国 New York, Potsdam Central High Schoolに留学
昭和44年東京教育大学付属駒場高校卒業
慶応義塾大学法学部法律学科入学
昭和47年自治医科大学入学(一期生)
昭和53年同大学卒業 卒業後地域医療に従事
(東京都立墨東病院研修医、伊豆七島勤務医 等)
昭和62年自治医科大学予防生態学教室助手(医学博士取得)
平成 2年WHO西太平洋地域事務局感染症対策部長等
平成11年第5代 WHO西太平洋地域事務局 事務局長
平成21年自治医科大学地域医療学センター教授
WHO執行理事
平成23年独立行政法人国立国際医療研究センター理事
平成24年独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構理事長(現任)

(その他の主な現職)

内閣府 新型インフルエンザ等対策有識者会議 会長
内閣府「野口英世アフリカ賞」委員会 委員
医療功労賞選考委員(読売新聞)
厚生労働省参与,外務省参与

(主な受賞歴)

平成13年 第37回小島三郎記念文化賞受賞
平成16年 慶應義塾大学特選塾員
平成21年 国際ロータリークラブより小児麻痺根絶特別貢献賞

(主な著作)

Polio Eradication: Western Pacific Region, ISBN 92 9061 000 X. 2000
SARS: How a global epidemic was stopped, ISBN 92 9061 213 4.  WHO 2006
(日本語訳:SARS いかに世界的流行を止められたか 財団法人結核予防会 監修:押谷仁)
『パンデミック(H1N1)2009−我が国の対策の総括と今後の課題―』 公衆衛生 Vol74(8)
医学書院2010 尾身茂、岡部信彦、河岡義裕、川名明彦、田代眞人
『WHOをゆく』医学書院 2011 ISBN978-4-260-01427-4
『医療の輪が世界を救う』(『医の未来』(2011 岩波新書・矢崎義雄編) 第5章)

地域医療機能推進機構(JCHO)に生まれ変わる病院(病院名は平成26年4月に新名称に変更予定)

地域医療機能推進機構(JCHO)に生まれ変わる病院

※すでに厚生労働省から譲渡指示が出されている病院は除く

 
Copyright
札幌社会保険総合病院 北海道社会保険病院 登別厚生年金病院 秋田社会保険病院 仙台社会保険病院 宮城社会保険病院 社会保険二本松病院 社会保険群馬中央総合病院 宇都宮社会保険病院 社会保険大宮総合病院 埼玉社会保険病院 千葉社会保険病院 社会保険船橋中央病院 城東社会保険病院 社会保険蒲田総合病院 東京厚生年金病院 社会保険中央総合病院 せんぽ東京高輪病院 社会保険横浜中央病院 横浜船員保険病院 社会保険相模野病院 湯河原厚生年金病院 三島社会保険病院 社会保険神戸中央病院 大阪船員保険病院 大阪厚生年金病院 星ヶ丘厚生年金病院 社会保険高浜病院 社会保険京都病院 福井社会保険病院 金沢社会保険病院 社会保険高岡病院 岐阜社会保険病院 社会保険中京病院 四日市社会保険病院 社会保険滋賀病院 奈良社会保険病院 社会保険桜ヶ丘総合病院 社会保険山梨病院 社会保険栗林病院 厚生年金高知リハビリテーション病院 宇和島社会保険病院 健康保険天草中央総合病院 健康保険諫早総合病院 社会保険浦之崎病院 健康保険熊本総合病院 佐賀社会保険病院 社会保険久留米第一病院 健康保険直方中央病院 九州厚生年金病院 社会保険下関厚生病院 湯布院厚生年金病院 健康保険南海病院 綜合病院社会保険徳山中央病院 玉造厚生年金病院 健康保険人吉総合病院 社会保険宮崎江南病院