「平成28年熊本地震」への対応について

このたびの地震により、熊本県、大分県を中心とした九州地方でさまざまな被害が発生しましたことに、心からお見舞いを申し上げます。被害に遭われた方々のご苦労とご心痛をお察しし、不幸にも亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)における対応状況について報告します。

 

本部の対応等

4 月14 日(木)21時30分頃の前震に対し、直ちに機構本部に災害対策本部を設置し、被災状況把握・幹部等関係者への連絡を行いました。
その後、4 月16 日(土)1時25分の本震発生に緊急参集し諸対応をするとともに、18 日(月)にはJCHO として国及び各自治体等からの支援要請に対して、JCHO 内全施設(熊本県・大分県内所在病院を除く)で対応を行うことを決め、理事長より全施設に対し協力要請通知の発出を決定しました。
その方針に基づき、JCHO として医療救護班を継続派遣するとともに、九州地区管内病院とのWEB 会議を開催し、現場からの状況報告及び要望等を聴取しました。

 

JCHO施設の被災状況

湯布院病院において、高架水槽破損、建物亀裂等により当初は大幅な診療制限等を行いましたが、現在は外来については全面再開しています。入院病棟は半分程度を使用してきましたが、6月下旬に全病棟の使用が可能となりました。
その他の病院については、軽微な被害はあったものの診療に影響を与えるような大きな問題はありませんでした。

 

被災患者の受入状況

震災による救急外来の受診 (平成28年4月14日~5月16日)
病院名 死亡 重症 中等 軽症 合計
熊本県 熊本総合病院 0 3 26 121 150人
人吉医療センター 0 1 8 47 56人
天草中央総合病院 0 0 7 62 69人
大分県 湯布院病院

8人

合計 0 4 42 237 283人
 
病棟に被害を受け診療継続困難となった病院からの入院患者の受入
熊本総合病院 32名(熊本市内から8名、益城町周辺から8名、八代市から16名)
佐賀中部病院  8名(大津町から)
人吉医療センター 5名(八代市から)
 
停電や断水により稼働が困難となった病院からの透析患者患者の受入
熊本総合病院 87名(熊本市周辺から)
 
kumamoto1
エレベーターが停止し透析室のある3階へ患者搬送を行う様子(熊本総合病院)
 

DMAT等の活動状況<(10チーム 44名)

病院名 日付 派遣先
徳山中央病院 4月16日~18日 熊本医療センター 医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務2名を派遣
4月20日~23日 阿蘇医療センター 医師1名、看護師1名、薬剤師1名、診療放射線技師1名を派遣
九州病院 4月15日~16日 熊本赤十字病院 医師1名、看護師2名、事務1名を派遣
4月17日 福岡空港(SCU活動) 医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名を派遣
4月18日 久留米大学病院(SCU活動) 医師1名、看護師1名、事務1名を派遣
諫早総合病院 4月15日~16日 熊本赤十字病院 医師1名、看護師3名、薬剤師1名を派遣
人吉医療センター 4月15日 熊本赤十字病院 医師1名、看護師2名、事務2名を派遣
4月16日 医師1名、看護師2名を派遣
南海医療センター 4月18日 竹田医師会 医師2名、看護師1名、臨床工学技士1名、事務1名を派遣
佐賀中部病院 5月1日~4日 益城町保健福祉センター 医師1名、看護師1名、事務1名を派遣
kyushu1 kyushu2
DMAT派遣先(熊本赤十字病院)での活動(九州病院)
 

医療救護班の派遣状況(7チーム 38名)

病院名 日付 派遣先
諫早総合病院 4月21~23日

菊池保健所管内の避難所及び救護所

医師1名、看護師2名、薬剤師1名、臨床検査技師1名、事務1名を派遣
九州病院 4月23~25日 医師2名、看護師2名、薬剤師1名、事務2名を派遣
南海医療センター 4月25~27日 医師1名、看護師2名、薬剤師1名、臨床工学技士1名を派遣
宮崎江南病院 4月27日~29日 医師1名、看護師2名、薬剤師1名、理学療法士1名、事務1名を派遣
久留米総合病院 4月29日~5月1日 医師1名、看護師1名、薬剤師1名、事務1名を派遣
神戸中央病院 5月2日~6日 医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名を派遣
中京病院 4月22日~28日 熊本市西区役所(避難所) 医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名を派遣
chukyo042101 chukyo042102
中京病院 医療救護班
 
13131318_552322508283898_1273270468211806460_o kurume2
kurume3
久留米総合病院 医療救護班
 

その他医療従事者の派遣状況

16施設から延べ60 名(札幌北辰1名、仙台1名、群馬1名、千葉2名、中京10名、四日市羽津2名、大和郡山1名、下関3名、徳山5名、久留米1名、福岡ゆたか1名、伊万里松浦1名、熊本3名、人吉17名、天草8名、湯布院3名)の医師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士、歯科衛生士、看護師、事務員を派遣しました。

PageTop